あさい和裁ブログ「門司港きもの日和」

2015.3.25 5

袴姿の卒業式♪


ここ数日は、春風の香りが心地よい日が続いています。

あさい和裁学院の桜の花も咲き始めました。

さて、先週は北九州市内の小学校で卒業式が行われました。

あさい和裁学院の卒業生で、現役和裁士の娘さんも小学校を卒業されました。

 

家ではお母さんとして、家族のために頑張りながらも、昨年見事に1級和裁技能士に合格されて、娘さんの卒業とその成長した姿に、この6年間の思いを伺いました。

卒業式は、お母さんの仕立てたきものと袴の装いで、晴れの日を過ごされたようです。

小学校卒業式 (2)

「6年間の小学校生活は、長いようで短いものでしたが、6年間の出会いと成長はとても大きなものでした」

「たくさんの人に出会い、支えてもらったことは、本人の”卒業したくない”と言う言葉に表れていて、感謝の気持でいっぱいです」

小学校卒業式 (1)

娘さんが袴姿で学校に行くと

「かっこいい~!!」

「朝ドラの人みたい」

と友達から言われて、嬉し恥ずかしだったそうです。

小学校卒業式 (6)

はじめは袴姿で卒業式に行くことを恥ずかしがっていた娘さんも、親子で行った骨董市で自分の気に入った柄の訪問着を見つけると

「この柄なら袴で着てみたい!と彼女の目がキラリ。。。」

その訪問着を解いて袴に仕立て直したそうです。

小学校卒業式 (5)

そして袴に合わせるきものも、娘さんが選んだ色の羽織を解いて、袴用の丈の短いきものに仕立て直したそうです。

小学校卒業式 (3)

「慣れない袴姿は新鮮だったようで、袴で良かったと大満足してくれました」と、笑顔で写真を見せてくれました。

女性の袴はスカートの様になっていて動きやすく、帯結びも簡単で気軽にきものを楽しむことができます。

親子できものを着てお出かけする夢も膨らみますね。

おわり。

 

 

 

平成27年度 新入生募集中

あさい和裁学院でプロの和裁士を目指してみませんか?

学校見学を随時受付けています。

お気軽にお問い合せ下さい。

和裁士ってどんな仕事?