あさい和裁ブログ「門司港きもの日和」

1fba8a75a71fd7301e0999c0ae1a1d91

衣替え♪


日本は四季の移り変わりの美しい国だと思います。

先日北九州も梅雨入りして、道路沿いに観るあじさいも、雨に花を咲かせています。

6月は衣替えの時季ですが、きものには季節ごとや月ごとに、色々な着こなしがあります。

生活の中で四季の移ろいを肌で感じたり心で愛でる楽しみに、日本人の美意識が有るのだと思います。

最近は昔に比べると季節の着こなしもゆるやかに考えられるようになり、温暖化などの影響もあり、着用時期が広がる傾向にあります。

わしょい (1)<8月お祭り>

5月の中頃から6月と、9月から10月上旬にかけては透けない単衣が良いです。

夏の盛りの7月や8月は、絽や紗などの透ける薄物や麻の着物を着ると、見た目にも涼しげですね。

そして初夏には紫陽花や杜若など、きものの柄に季節感をだすことも楽しみのひとつです。

帯はきものに比べて着用時期がゆるやかなので、季節感のある模様や素材選びを楽しめます。

これからの季節は天候や気温にある程度柔軟に対応して、涼しげに見えるようなコーディネイトを心がけると素敵ですね。

おわり。

 

 

平成26年度新入生募集中

あさい和裁学院でプロの和裁士を目指してみませんか?

学校見学を随時受付けています。

お気軽にお問い合せ下さい。

和裁士ってどんな仕事?